Six Footsteps ~晴れ時々曇り~

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校サッカー選手権の決勝戦が行われました。

決勝の組み合わせは鹿児島実業(鹿児島)VS野洲(滋賀)
連覇を目指す昨年の王者鹿実に新鋭の野洲が挑むという一戦であり、
その一方で現在の高校サッカーの主流である
中盤でのプレスからの押上げを基盤とした
体力とスピードを全面に打ち出す縦に速い鹿実に対して
ボールポゼッションを維持しながらショートパスで
相手を崩していく野洲が挑戦するという形でもあります。

近年、ポゼッション中心のサッカーをする静岡県勢が
選手権という一発勝負の場では苦戦することが多いことから
戦前は中盤を鹿実が制することになり、
鹿実の優位は揺るがないだろうと思っていました。

しかし、試合は戦前の予想とは異なり、
野洲は細かいショートパスをつなぎ、
鹿実は猛然と中盤でプレスをかけるという
お互いの長所を出し合う展開に。

結果は野洲が2-1で勝利し、初優勝。
しかし、両チームがあげた3得点は
それぞれの特徴がでたファインゴールでした。

「セクシーサッカー」のキャッチフレーズの下に
自らのサッカーを貫徹し、
初優勝を遂げた野洲高校を祝福すると同時に、
体を張り、走り続けた鹿児島実業にも
賛辞を送りたい気持ちになりました。

そして、試合後に勝者と敗者が流す涙。
その意味は当然異なりますが、
それぞれがこの瞬間のために日々積み重ねてきた結果としては
その価値に全く差異はないと思います。

昨日の歩数:21068歩
(1月8日)
今日の歩数:12249歩
(1月9日)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sixfootsteps.blog43.fc2.com/tb.php/7-550a7f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。