Six Footsteps ~晴れ時々曇り~

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hukkatu2.jpg
ヒゲ丸のやつまだ狂犬病ネタを引っ張るみたいよ。
シツコイ男は嫌われるって誰か教えてあげて!!
 

とアリさんからも紹介がありましたが、
「執着心の塊」ことヒゲ丸です(爆)

ま、アリさんのオレンジクッションに対する
執着心もなかなかだと思いますよ・・・。

2006.4.3.6.jpg
へ?

はい、とぼけても無駄です(笑)

さすがに3日連続で硬い話題はどうよと思うので
初めにネットで拾ったネタを。

これはネットを彷徨っているうちに見つけたのですが、
「クレヨンしんちゃん」の2次創作作品のようです。

ちなみに自分は全くこのアニメの設定を知りませんが
それでも、すらっと読めたので紹介してみようかなと。

テンプレートは紹介するにはあまりにも微妙ですが、
文章は犬飼いなら何か感じるものがあるかもしれません。

ではでは。

13年後のクレヨンしんちゃん

以下は、再々度、狂犬病ネタです。
興味のある方はどうぞ


今日の歩数 :5881歩
(4月16日)

(注意)素人の調べたものなので誤解があるかもしれません。
    何か間違いがあれば是非、指摘をして下さい。
    宜しくお願いします。


以前の記事は以下。

狂犬病について
狂犬病について 2


前の記事でも書きましたが、、
日本において狂犬病は半世紀近く発生していません。
しかし、海外に目を向けると日本が置かれている状況が
いかに稀なケースであるかが分かると思います。

それは狂犬病予防法による予防接種と検疫の賜物に他なりません。
したがって、以下でも述べますが、
日本においては犬を中核としたワクチンの接種による予防体制を
継続する必要があると思います。

そこで、ここからは今後の狂犬病予防のあり方について
思ったことをつらつらと・・・。

1.登録制度
狂犬病の予防接種は狂犬病の予防と同時に
飼い主の責任を明確にしたり、
国が飼い犬の頭数を把握するという側面がありますが、
前日の記事で述べた通り、国は飼い犬の実数は把握できていません。

個人的な意見としては
狂犬病を予防するために飼い犬の実数を把握したいならば、
マイクロチップを義務化したりする方がいいのではないかと
思っています。
(ただし、マイクロチップについてその問題点などはよく調べていません・・・)


2.毎年の予防接種
日本では毎年1回の狂犬病予防接種が義務付けられています。
ちなみに、海外に目を向けると
洗浄国であるイギリスでは
検疫態勢をより厳重にすることによってウィルスの進入を防ぎ、
狂犬病の予防接種は行わない方針を採っています。

また非洗浄国であるアメリカではより強い薬を使うことによって
予防接種は3年に1回でいいとされている地域もあるようです。

確かにイギリスのように検疫態勢を強化すれば
侵入を困難にすることは出来るかもしれません。
しかし、日本におけるBSE問題を例にとると、
世界で最も厳しい基準で狂牛病のウィルスの進入を防ごうとしたものの
結局は国内への侵入を許してしまいました。

このことはいかに検疫という水際での防止が
困難であるかを物語っていると思います。

また、アメリカのように強い薬を使えばいいかといえば
そうともいえません。
狂犬病を含め、ワクチンは副作用のリスクの問題とは
切っても切り離せない関係にあります。
つまり、強い薬を使えばそれだけ副作用のリスクが高まることを
意味するのです。
ちなみにワクチンについて言えば、
癌や免疫系の疾患と関係があるともいわれています。

したがって、これらのことを考えれば
日本のように予防接種+検疫という厳重な体制で
狂犬病の進入及び蔓延を防ぐことに合理性はある
といえるのではないでしょうか。

ただし、ワクチンに関しては
より副作用の少ない継続的な効果があるものが
開発されることを望んで止みません。

追記 2006.11.24
諸外国の現状について書きましたが、
アメリカにおいて抗体の持続効果の観点から
予防接種は3年に1度が推奨されているといっても
実際にどのくらいの接種率があるのかとか
本当に3年に1度でも大丈夫なのかなどということについては
よく分かりません。

また、洗浄国であるイギリスやニュージーランド、
そして日本において狂犬病が犬から見つかった場合、
どのような対策を採るのかもよく分かりません。


3.狂犬病予防接種率の低下について
昨日の記事で書きましたが、
日本における予防接種の低下には目を覆うばかりです。
この数字では万一狂犬病のウィルスが日本に進入してきた場合に
ウィルスの蔓延を防止することが困難であるといわざるを得ません。

ところで、鳥インフルエンザが発覚した際、
関係のないハクビシンが次々と処分されたことを
覚えているでしょうか?
狂犬病が蔓延してしまった場合、
パニックはこの時の比ではないと思われます。
罪のない犬が次々と捨てられ処分されるということが
現実的に起こると思います。

また、今は知らない人が飼っている犬でも普通に触れますが、
狂犬病が蔓延した場合に気軽には触れません。
ましてや、ノラ猫をはじめとした野生生物に触るなど
もってのほかです。

このような事態を招かないためには、
現時点で出来ることは狂犬病の予防接種率を上げることが
第一なのです。
例え、検疫をウィルスがすり抜けてきたとしても
予防接種率が高ければ蔓延は防げるのです。

そのためには狂犬病の予防接種率を上げるための
行政のPR活動も必要ですが、
それ以上に飼い主の意識の向上が肝要であると思います。

確かに様々な飼い主さんが指摘している通り
年一回の狂犬病の予防接種は獣医師や製薬会社の
利権の温床となっているかもしれません。

しかし、狂犬病が蔓延した時の
飼い主や動物が巻き込まれるであろう大混乱と
経済的負担のことを考えれば
年1回3000円の負担は保険としては
安いのではないかと思うのですがどうでしょうか・・・。

というわけで、ようやく終了です。
それにしても、貴重な時間を相当使ってしまいましたよ・・・。

それでは、本当にここまで長々とお付き合いして頂き、
ありがとうございました。



ブログランキングに参加しています! FC2 Blog Ranking 
(ランキングのバナーはあわさんに作って頂きました。)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クレヨンしんちゃんでは泣けなかった…。しんちゃんを知らないってことは私とはだいぶ歳が違うってことかぁ(笑)
狂犬病の恐ろしさをこの時期にテレビでやればもっとみんな考えるかもですね~。でも安易に恐ろしさだけ伝えると、犬嫌いな人たちの行動が更に悪化しそうで怖いかも。う~ん。難しいですね~。
3千円が高いって人が多いのかなぁとは思うけど。
2006/04/17(月) 12:15 | URL | ナルトママ #-[ 編集]
オレンジクッションへの熱い思い。。。
うちでもあります。麿のぷみまろ靴下への熱い思い。。。使用済みはやめてくれ。。持ってこないでくれ。。。です。
狂犬病予防接種3000円は高いといえば高いですよね。。よくぷみまろと話すのが
狂犬病予防接種や行政の消防や警察にも動物に対応してもらうように ペット税みたいなものを設けたらどうだろうね。。と盛り上がったことがあります。アニマルポリシまでは日本では難しそうだから。。
そうすれば 中途半端な気持ちでは飼えなくなるし マイクロチップも義務化されるだろうし いろんな意味でいいかもなあって。ただ税金ケチるために悪さする奴もやっぱりでてくるのかなあ。。どうも上手くいかないもんですね。。
2006/04/17(月) 17:07 | URL | たんぽぽ #-[ 編集]
すみません。記載忘れました。
リンクありがとうございます。
くま犬@ のおまけのような ブログで申し訳ないです。。
そんなおまけのようなものですが アリさんのブログもリンク貼らせていただきまーす!
2006/04/17(月) 17:09 | URL | たんぽぽ #-[ 編集]
クレヨンしんちゃん、最後まで読めない、というか、絶対泣きそうな感じなので、読みませんでした。(笑

オレンジクッションはいつまで、原形をとどめる事ができるのでしょうか??
2006/04/17(月) 19:01 | URL | 相棒 #-[ 編集]
相方とよく話しますが、欧米のようにワンコと暮らすのを登録制にするとか、税金を納める方法にするとか、制約が必要ですよね。
確かにマイクロチップは現実的なのかもしれませんが、マイクロチップを埋めたために、それを無理に取り出し、ワンコを傷つけたり、死なせて放置してしまう人間も出てきてしまうでしょう。
あ、いま、相方のコメント見たら書いてやがる。。。。
ようは、覚悟をきめさせ、責任の自覚を持たせるのみ!
ガキのおもちゃにワンコなんてもってほ他!
と偉そうに言いますが、ちっちゃく法律を破ってたりします(スピード違反とかね)
2006/04/17(月) 19:16 | URL | ぷみまろ #-[ 編集]
しろ…号泣してしまいました…。

良いお話を紹介いただいて、ありがとうございました(T_T)
2006/04/17(月) 22:18 | URL | きすい #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
>ナルトママさん
確かに、狂犬病について安易に恐ろしさばかりを報道すると、
無駄なパニック反応を呼び起こすことになりそうで怖いですよね・・・。

狂犬病の予防接種の値段については
高いという批判もありますよね。
卸値自体は100円程度だという記事も見ましたし・・・。
実際のところ、予防接種の適正価格はどのくらいなのでしょうね。

ナルトママさんは写真の雰囲気からすると20代前半くらいですかね。
まあ、自分はそれよりは上かなと。
ちなみに先週の月曜日が誕生日だったのですが、
生年月日が全く同じ有名人がいますよ。

>たんぽぽさんさん
ぷみまろさんのところで記事になっていましたが、
麿ちゃん、本当にぷみまろさんの靴下が大好きなんですね。
しかも、使用済みですか・・・(笑)
確かに持ってこられても困ります。

ペット税ですか。
ドイツなどでは実際にありますね。
また、ドイツでは犬を飼う際には、
1頭あたり、何㎡の敷地が必要などという条件もあるようです。
そのくらい飼う条件を厳しくすれば
中途半端な気持ちで飼う人間は減りそうですよね。

ただ、そのような事態に陥る前に、
まずは飼い主同士が意識を向上し合う等の努力により、
解決していきたいものです。

ちなみに日本においてもかつてはペットに対する税金が
贅沢税の一つとしてあったみたいです。

>相棒さん
クレヨンしんちゃん、最後まで読むと結構厳しいですよ。
自分は泣くまではいきませんでしたが、
結構きつかったです。

オレンジクッションはいつまで持つのでしょうね(笑)
何気にいいクッションなので出来るだけ長持ちして欲しいものです。
というかこのクッション、アリさん用にはしたくなかったのに・・・。

>ぷみまろさん
欧米では動物愛護の精神から様々な政策が採られているようですね。
ペット税に関してもそのような観点が加味されているようです。

日本においてペット税がどのような議論をされているかについては
勉強不足で良くわかりませんが、
狂犬病ウィルスが国内に入ってきてしまったり、
飼い主のマナーがこれ以上悪化してしまった場合には
飼い主に対する制約が増えても仕方ないのかなとか思ってしまいます。

>覚悟をきめさせ、責任の自覚を持たせるのみ!
最終的にはやはり、これが一番大事ですよね!
犬だって大切な一つの命な訳ですから、
その命を背負っているという意識を持って
育てたり、躾たりしたいものです。

>きすいさん
「13年後のクレヨンしんちゃん」は
素人さんが作った話のようですが、
それにしては異常なくらい素晴らしい出来ですよね。
自分も泣きそうになってしてしまいました。

犬飼にとっては「虹の橋」や「どうしてなの?」、そして「ライカ犬」の話はどうしてもツボにはまってしまいますよね。
2006/04/17(月) 22:43 | URL | ヒゲ丸 #-[ 編集]
うわー、「13年後のクレヨンしんちゃん」やばいっす。
犬モノは泣けますね…。
昨年、愛犬を亡くしたばかりなので特に弱いです。

狂犬病の予防接種率が低下してるとは知りませんでした。
今は空前の犬ブームで、10年前の登録数より全然多いので驚きます。
ここまで増えると流石に何かしらの法的な制約が必要そうですね。
しかしいつまで経っても法律上、ワンコは「物」扱いなので悲しいです。
家族なのに…。
2006/04/17(月) 23:14 | URL | 目黒さゆり #ecUM21Fs[ 編集]
狂犬病は犬だけじゃなくて、本当はほとんどの哺乳類にあるんですよね~
アライグマとかも必ず狂犬病注射をしていないと入国できないのにね
北海道じゃロシアからの船に乗ってきたワンコが埠頭を散歩するの・・・
あれ、絶対危ないですよ~!
2006/04/17(月) 23:17 | URL | ネコ娘 #-[ 編集]
うろ覚えですが、ペット先進国ではマイクロチップ義務化している国があったような…。違うかも…、でもマイクロチップ埋めるのが一般的に普及している国はありますよね?
でも体に直接埋め込むものなので、いざそれをやるかどうかと問われると、本当に体に埋め込んでも影響のないものかどうかって所で躊躇してしまいます。
放置ウン○したり予防注射しなかったりする意識の低い犬飼いの意識を変えるって難しい問題ですよね。
2006/04/18(火) 00:53 | URL | あわ #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
>目黒さゆりさん
愛犬を昨年亡くされたばかりなのですか。
そのタイミングで「13年後のクレヨンしんちゃん」はキツイですよね。
ちなみに、目黒さゆりさんの犬はやはり、
サスケ営業部長のような仕事が出来る賢い犬だったのでしょうね。

やはり、このペットブームの影響って大きいのですね。
しかし、犬の数が増えると同時にマナーの悪い飼い主も増えているのが残念です。

犬は法律上はモノとされていますよね。
刑法の論点で人と散歩中の犬を拳銃で撃った場合は
何罪が相当かというものがありますが、
個人的には殺人罪と同等の刑を課すのが妥当だと思っています(笑)

>ネコ娘さん
そうなのですよね。
狂犬病という名称から犬だけの病気だと
勘違いしている人も世の中には意外に多そうなのですが、
あらゆる哺乳類がかかってしまうのですよね。

北海道でロシア船から検疫をしていない
犬が埠頭を歩いているという記事を
ネットで見つけたのですが
本当だったのですね。

怖いですよね~。

>あわさん
ドイツではマイクロチップが義務付けられているようですね。
また、義務化されているかは確認できませんが、
オーストラリアでも相当普及が進んでいるようです。
自分もマイクロチップについては考えてはいるのですが、
あわさんと同様に体に対する影響がどうなのか
という点で躊躇しています。

また、マイクロチップにはいくつか
規格があるようなのですが、
読み取りの互換性がないようなのですよね。
自分の犬にせっかくマイクロチップをつけても
その情報が読み取れないのでは意味がないですし、
そのように考えると課題はまだまだ多そうです。
2006/04/18(火) 20:54 | URL | ヒゲ丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sixfootsteps.blog43.fc2.com/tb.php/81-ffdf53e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。